真性包茎の弊害~衛生面の問題

恥垢が溜まり衛生面で問題が出てくる

真性包茎をそのまま放置すると衛生面での弊害が出てきます。真性包茎は完全に亀頭が包皮で覆われている状態です。包茎の内側と亀頭の間に恥垢と言われる、垢や雑菌などが溜まりやすくなってしまいます。特に真性包茎は自分で包皮をむくことができる仮性包茎とは異なり、包皮がずっと亀頭部分を覆っているため、垢や雑菌がより溜まりやすくなり不衛生という弊害が出てきてしまいます。

常に垢・雑菌が残った状態となるので真性包茎だと、独特な臭いがしてしまうことも弊害です。毎日、キレイに洗っていたとしても汚れが残り常に湿っている状態となっているので、臭いを軽減することは難しいと言われています。特に亀頭が刺激に敏感という人の場合、洗うこと自体が難しく臭いも強くなる傾向にあるようです。

このように真性包茎だと恥垢という汚れによって、男性器を衛生的に保つことができない・臭いがきつくなるという弊害が起こりやすいので注意が必要です。

様々な疾患を発症する弊害も

真性包茎だと包皮と亀頭との間に、垢や雑菌が溜まりやすく男性器が不衛生な状態となってしまいます。汚いというだけでなく様々な疾患を発症するリスクが高まるという、弊害もあるので注意しなければいけません。亀頭包皮炎は真性包茎を放置したことで、起こりやすい疾患の1つです。

包茎の内側と亀頭の間に恥垢が溜まり、細菌などに感染した炎症が起こります。炎症が起こるので痛みが出るのはもちろん、排尿時にも痛みを感じたり膿が出るケースもあるようです。さらに陰茎がんを引き起こすリスクがあるとも言われており、ただ汚いというだけでなくガンのリスクを考えた場合、できるだけ早く真性包茎の状態を改善する必要があると言えるでしょう。

また、雑菌が尿道に入ってしまうと尿路感染症を招きます。尿路感染症は泌尿器にトラブルが起こるだけでなく、血液に菌が入り込み全身に回ってしまうと命を失う危険性があるほど、とても重篤な状態になります。

まとめ

真性包茎の場合、包皮が亀頭を完全に覆っているので間に垢や汚れが溜まりやすく、男性器が不衛生な状態になりがちです。汚いというだけでなく臭いも強くなりますし、さらに様々な疾患を発症する原因となるので注意が必要です。

重篤なものだと陰茎がんや尿路感染症によって、命にかかわる敗血症という疾患を引きおこるリスクがあります。デリケートな男性器の問題なので、なかなかクリニックに相談しにくいと感じる人も多いかもしれませんが、このような弊害があるので真性包茎はそのまま放置せず手術などで改善することをおすすめします。